『禁煙スタイル』   『受動喫煙対策要望カード集』  『禁煙情報データベース』

2008年03月22日

『ちりとてちん』

今日は感動しましたねえ。
いろんな知り合いや友人から寄付をもらって、「何年かかっても“常打ち小屋”を作るぞ!!」と決意した草原たち。
すると小草若が「俺、この家売るわ」
「俺、わかってん。おやじとお母ちゃんの気持ちが。遺そうとしてくれてたんや。落語ができる場所を」

小草若の決意を聞いて、喜代美は「最後にこの家で落語会をやりましょう」と提案。
初めは居間に座布団を敷いていただけでしたが、思ったよりお客さんが多く来たので、庭に椅子を並べることに。
予告で椅子を運んでいたのは、家財道具を外に運び出しているのではなく、椅子を中に入れていたんですね〜。
とんだ勘違いでした(^^ゞ

お客さんは庭に、草々たちは縁側で空の下、風を受けながらやる落語。
思ったより多い客に緊張気味だった小草々も、リラックスして落語をすることができました。
徒然亭一門の落語が終わろうかという頃、客だった落語家たちが次々に「俺もやっていいか」「わしもやらせてくれ」と飛び入り参加。
落語会はいつまでも続き、通りまであふれたお客さんたちは笑いっぱなし。
そこへ登場した天狗芸能の会長。
「できたやないか。誰でも気軽に入れて、噺家が腕競う、常打ち小屋や。わしに頼らんでもできたやないか。このときを待ってたんや」
草若師匠の写真に向かって、にっこり。

その頃、小浜では清海が思い出の石を砕いて作った塗り箸を完成させていました。
感動して泣きだす清海を、正典と糸子がそっと見守っていました。


来週でいよいよ『ちりとてちん』が終わってしまうんですね〜。
次週予告が始まったので慌てて再生を止めました。
何も予備知識なしに楽しむんだぁ(*^。^*)
posted by にこU・x・U at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ちりとてちん』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90438327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。