『禁煙スタイル』   『受動喫煙対策要望カード集』  『禁煙情報データベース』

2008年03月06日

『ちりとてちん』の落語:辻占茶屋

休憩してから「辻占茶屋」を見ました。
この話は素直に笑えるというか、面白いですね〜。
『ちりとてちん』で喜代美がカチンコチンに緊張して間違えて五木ひろしの曲を三味線で弾いてしまう場面が紹介されていました。
懐かしい〜!!
昔はあんなだったのに、今は草々の奥さんでおかみさんで…。
すごい成長したんだよね〜。

ところで、上方落語にはめものが多い理由として、江戸落語は早い時期にお座敷で演じられるようになったためだそうです。
上方落語は往来でやっていたので、見物の人が飽きないように、とか配慮して音を入れたりしていたのだとか。

次は「ちりとてちん」。
これは明日にでも見ましょうかね〜。
そろそろ犬の散歩に行かなくては。
花粉症が心配ですが…。
posted by にこU・x・U at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ちりとてちん』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88484794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。