『禁煙スタイル』   『受動喫煙対策要望カード集』  『禁煙情報データベース』

2007年11月09日

「DSカードケース ホワイト」とゲームの話

ニンテンドーDSのゲームのアンケートを書いて溜まったポイントをカードケースに交換しました。
ちょうど色も好みの白。



全部で6枚入れることができます。
これで、並行していくつかのゲームをできるので便利です。
たとえば、家計簿ソフトや料理ソフトは時々使うからいちいちケースに入れて出し入れするのは面倒ですが、元々のゲームのケースでは大きくて邪魔。
このケースで持ち歩けば、気軽にちょこちょこ交換できます。



今やっているゲームは、「西村京太郎サスペンス」と「ピクロスDS」です。
「ゼルダの伝説」も面白かったな〜。
攻略サイト見ないとクリアできませんでしたけど(笑)

「西村京太郎サスペンス」は、推理ゲームが好きな旦那が買ったのだけど、初心者にも簡単でオススメ。
今までの推理ゲームは、気になるところをチェックして“あれ?”と気付いて話が進むところが、チェックする場所が微妙にずれているとダメだったり、もうチェックしなくていい場所なのかもっとチェックしなければいけない場所なのかわからないものが多かったと思います。
ところが、西村京太郎のは「もう、この場所で調べる必要はない。移動しよう」と説明が出てくるし、移動する場所にも「!」マークが付いているので「で、次はどこに行けばいいんだっけ?」と、わからなくなることもありません。
まあ、まだ一話しか解決していないので最終的には違う感想もあるかもしれませんけどね☆

「ピクロス」は、プレステだったかなぁ? 前にやったの。
すごく面白かったなぁ。
今回のDS版も面白いんですが、絵が全体的に汚いというか意味不明。
完成した後、色が付いて少し動くのですが、動くまでクジラってわからないよ、みたいなのばっかり。
でも、数字を照らし合わせて最終的に絵ができるまでの塗っていく過程が楽しいので、そんなに絵が変なのは気になりませんけどね。
解けるかどうか、のほうが大事だから。
で、いちばん困るのがセーブデータが1つしか作られないこと。
絵を完成させると勝手にセーブされてしまって、答えが丸見えになってしまうんです。
旦那がやったあとのはなんかやる気しない…。
いくら「解けるかどうかが大事」といっても、最終的な絵がわかってしまうとどうもね┐('〜`;)┌
旦那も同じ気持ちのようで、お互い「相手に悪いなぁ〜」と思いつつ遠慮して解いています。
(旦那によると「すごい勢いでやってるよね」とのことで、全然遠慮してないみたいです、私w)
家族ごとにデータを分けられれば文句なしなのに。

  
posted by にこU・x・U at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65489255
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。