『禁煙スタイル』   『受動喫煙対策要望カード集』  『禁煙情報データベース』

2007年01月23日

『芋たこなんきん』第93回

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
取れてしまった観音様の手は、接着剤ではうまく付きません。
二ノ宮は、今朝もやってきました。
「昨日、お断りしたはずやけど…」町子は困り顔。
「カモシカのおっちゃんからも、お口添えお願いします」
カモシカのおっちゃん、と呼ばれてしまった健次郎も「どうするんや」と言いつつ、二ノ宮の勢いには気圧されてしまいます。
「せめて、これを読んでから決めてください」と二ノ宮が持参した小説の原稿を読んだ矢木沢さん。
「半分まで読んで力尽きました…」

押しかけ弟子の二ノ宮もちょっと変わり者ですが、受付の女の子も変わり者です。お昼時間だし、患者さんもいないんだから…と持参したカップ麺(なのかな?)を待合室ですすっています。看護婦の鯛子に注意されても「なんでいけないんですか?」

新聞の連載を引き受けた話を聞いた健次郎、「女の人は欲が深いな。人のもん、欲しがるのも女性や」
町子は、友人のみすずが不倫していることを言い当てられた気がして、ドキッとします。
観音像のことでも頭が一杯。

その観音像、町子の部屋に足を踏み入れた人が次々と自分のせいだと思い込んでしまいます。まず、健次郎。次に隆。
隆に英語の辞書を取りに行かせた晴子も、責任を感じます。

みすずが「たこ芳」に家庭持ちの恋人とやってきました。
骨董に詳しいという彼に町子はさりげなく観音像の値段の相場を聞きます。
「観音像で、木製で、唐の時代のものは、いくらくらいするんでしょう…?」
事情を知らない彼は「60万のを見たことがあるなぁ」と呑気に答えてくれました。
町子は目を白黒させて「連載あと何本増やさなアカンやろ…」
観音像の騒動は、まだまだ続きそうです。
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

鯛子の名前を確認しようとHPを見に行ったら「看護師」となっていました。
今はそうだけど、舞台となった時代は「看護婦」だったんだから「婦」でいーじゃんねー。

住職さんのことを健次郎や町子が「おじゅしさん」「おじゅっさん」みたいに言っているのが、よく聞き取れません。なんて言ってるんだろ。通りすがりさん、よろしく〜(^_^)/

観音像、いつの間にか「唐の時代」のものと決め付けられているし(笑)
まあ、二ノ宮が同じものを用意できそうみたいだから、大丈夫でしょう。
ていうか、「唐の時代とかの?」と健次郎に聞かれた住職さんの「あぁ、うん…まあ…」っていう怪しい答え方を見ると、たいしたものではないはず。
しかし、どんなに安物だとしても、ドラマのために観音様の手を切ってしまって、なんだか罰当たりな気がします。
posted by にこU・x・U at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 『芋たこなんきん』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。