『禁煙スタイル』   『受動喫煙対策要望カード集』  『禁煙情報データベース』

2007年01月16日

『芋たこなんきん』第87回

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
由利子が夜遅く、そーっと帰宅しました。
町子に「いきなり怒鳴らんといてね」と言われていたにも関わらず、怒鳴ってしまう健次郎。「もう遅いから話は明日に」と、とりなされます。
町子は「心配して待ってしまうから、お電話だけはちょうだいね」と話すと、由利子は素直に「ハイ」と返事をします。

翌日、学校から電話があり、由利子たちがベトナム戦争反対のビラを教室の窓に貼ったというのです。健次郎が出かけていきますが、「親が先生と話をしたところで何の意味もない」と、学校へは行かずに戻ってきてしまいます。
しばらくして、由利子が千春を連れて帰宅します。
「大人たちが何もしないから、こういうことになってしまった。私たち若者が世の中を改革していく」という由利子ですが、健次郎は「親の手元にいるうちは、親の言うことを聞くもんや。二度とこんなことしたらアカン」とピシャリ。
由利子はふてくされて千春と台所へ。
二人でラーメンを作って食べるというので、町子も台所へ。
青春を謳歌する由利子を優しく見守る町子なのでした。
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

親として叱るのは父親の役目ってことなのかな?
町子は理屈を説いたりせずに、健次郎に任せていますね。
しかし、健次郎の言うように親に養ってもらっている間は親の言うことを聞くべきだと思うのだけど、由利子たちのやっていることってあながち間違いとか悪いことではないし、なんか難しそう。
私が親だったらどうするかなあ。

昨日もそうでしたが、晴子が「若い子は、正しいと思いこんだら周りが見えない」とか、あたかも自分は年寄りっぽい言い方なんだけど、どう見てもあんたも若いから…たらーっ(汗)
町子とか健次郎くらいの年齢の人が言うならともかく、あの外見で(今は何歳っていう設定なのかわからないけれど)「若い人は」って言っても違和感があります。

久々に公式サイトのトピックスを覗いてみました。
『國村隼、かく語りき』というコーナーが始まっていましたよ。
『純情きらり』では痛い目に遭ったので、溜めすぎないようにちょこちょこ見に行かないとね!
posted by にこU・x・U at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 『芋たこなんきん』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。