『禁煙スタイル』   『受動喫煙対策要望カード集』  『禁煙情報データベース』

2006年09月27日

9/27(水)の『純情きらり』

実家に帰り、皆の温かさに触れた桜子。
子供たちの歌声を聞いていて、改めて音楽の素晴らしさを実感します。
久々にピアノを弾きます。
「ありがとう」
喜びも悲しみも共にしてきた、ピアノの蓋を閉じます。

昭和22年12月。
東京で大成功を収めた冬吾たちの展覧会が岡崎にやってきます。
桜子も、体調がよければ外出してもいい、と医者に言われ、ドキドキしながら検査の結果を待ちます。
「行けそうですか?」期待を込めて尋ねた桜子に、
「そう、焦らないで」と医者は軽くかわします。

達彦が一人で医者に呼ばれます。
桜子の具合は、思ったよりよくないこと、外出を許可できたとしても、それが最後になるかもしれないことを告げられます。

桜子は、ベッドの上で作曲。
かなり書き溜めてあります。
「私が赤ちゃんのためにできるのはこれくらいだから」
「早く病気を治して、家に帰っていっしょにピアノを弾こう」

展覧会のあと、冬吾たちは乾杯します。
八州治は「海外渡航が許されるようになったらパリに行くぞ」と張り切っています。
冬吾は「お前は逃げるところがあっていいな」と、ボソリ。
その夜、酔った冬吾は橋の上から川に落ちてしまいます。
病院に運ばれますが、生死の境をさまよいます。
笛子が「冬吾! 冬吾!!」と、いくら呼びかけても目を覚ましません。

ちょうどそのとき、桜子は夢を見ていました。
去っていく冬吾に向かい、
「また逃げるの? 冬吾さんは、いつも楽なほうに逃げようとする。冬吾さんがいなくなったら、お姉ちゃんは寂しくて死んでしまうよ。亨ちゃんや加寿ちゃんのためにも、ここにおって」
冬吾は、ふうっと笑って消えてしまいました。

病院で目を開けた冬吾。
笛子は泣いてすがりつきます。
「夢を見た。暗い川の中で、笛子や亨の顔が離れないんだ。“冬吾、冬吾”ってお前のうるさい声はするし…」
冬吾は一命を取り留めました。

ふと夢から覚めた桜子、床で眠る達彦を見つめます。
達彦も目を覚まし、「どうした? 眠れんのか」と優しく桜子を見つめます。
「命ってどこから来るんだろうね。私はね、空から来るような気がしてならんの。太陽や月や星が輝いているところから」


今日は、あまり進展らしい進展はありませんでした。
冬吾は、「先生、先生」と追いかけられるのがつらいみたいですね。
八州治に「逃げるところがあっていいな」なんて言っているし。
冬吾の意識が戻らなくなるのは二度目なので、今度こそ死んでしまうのかと思ったら、あっという間に生き返りましたね。

残すところ、あと3回。
思えば、『純情きらり』を毎日見て、なるべく毎日ブログに記事をアップすることが日課であり、生きがいのようになっていました。
10月からは、何を楽しみに生きていけばいいのやら〜もうやだ〜(悲しい顔)
posted by にこU・x・U at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 『純情きらり』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜子の結核は肺なのか腸なのかわからなくなったぞ。

その治療に当たる医者が平田満でした。あじゃあ!豊橋出身の役者さん。

平田満こそ岡崎の有森家の人を演じるべきだったな。三浦友和の代わりぐらい(笑)

平田満医師はもっと厳格に「結核の病いで妊娠。産むのは諦めまいか。だばぁ降ろすかいのぉー」

今の医療技術なら産んでも大丈夫だろうが。昭和22〜23年はね。

当時は結核は静養が一番。あとはニンニクやニラを食べて栄養をつける。だから桜子に餃子パクパク、ニラレバ炒め食べさせる。結核菌の増殖を抑えつつ治療に専念する。

一番いいのはサナトリウムだけどなあ。
Posted by sadakun_d at 2006年09月28日 02:20
NHKステラには「芋たこなんきん」(=大阪女の好きなもの)を特集。いきなり藤山直美がデーン!登場する。さらには田辺聖子の笑う顔。ちょっと気を付けて見ないといけない(笑)

ドラマに宮崎将が出てる。宮崎あおいの兄貴。
Posted by sadakun_d 2 at 2006年09月28日 02:24
>sadakun_dさん
「芋たこなんきん」は興味ないんですよね〜。まあ、第1回は見るつもりなので、見たら変わるかもしれないけれど。加藤剛がレギュラー出演するなら見るけれど(笑)
Posted by にこ at 2006年09月28日 09:24
「芋たこなんきん」に城城茂。父親役

岡崎出身の「狩人」の兄貴は城島茂に似ているよ。あづさ2号
Posted by sadakun_d 2 at 2006年09月28日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。